1st Album

Addition to Zilch

Addition to Zilch
曲 目
  1. ゲリロン [get it on]  試聴
  2. レトリック [RHETORIC]  試聴
  3. オールド・ピクチャー~待合室 [OLD PICTURES~WAITINGROOM]
  4. ビタミン [vitamin]
  5. アイム・イン・ラブ [I'm in love]  試聴
  6. ビューティフル・ワールド [beautiful world]
  7. …アンド・ウォーク [...and walk]
商品番号JMCR-0004
発売日2004年
CD価格500円(税込)
販 売 Official Online Shopで購入
配信/サブスクリプション Amazon Music Apple Music YouTube Music Spotify
※ダウンロード販売価格、及びサブスクリプション価格は各社サービスの決定するところでありJOY MUSIC RECORDSの関わるものではありません。
解 説

エーテルスケッチ解散から一年、音楽はZilch(無)から再びわがままに鳴りだした。
三田村潤ソロプロジェクトA to Z始動

2003年3月、大学卒業をきっかけにエーテルスケッチを解散した僕はそのまま新社会人として荒波にもまれる。と同時に、音楽への飢えは尽きることなく、独り暮らしのアパートの一室で黙々と作曲活動に励んでいた。とはいえ、当時、故郷石川でもなく、学生時代を過ごした岩手でもない、縁もゆかりもない富山県魚津市の勤務ということもあり、また、そもそも社交的ではない自分の性格を鑑みて、あらたにバンドを組むといったことには到底及ばないことも自身で知っていた。

そこで僕は、コンピューターを使った打ち込みによるひとりバンド的なものを模索する。いわゆるDTMと呼ばれるものである。

実際、ひそかに渇望していたバンドサウンドというものをひとりで再現できるという喜びが、このプロジェクトを加速させた。電子的に変異させた掛け声がユニークなロックナンバー「ゲリロン」、ファンク色全開の「ビタミン」などにその野心的な喜びがあふれている。

さらに「レトリック」「待合室」などのエーテルスケッチナンバーのセルフカバーも収録されている。のちにエーテルスケッチは再結成されることになるが、この時点では大事な歌をひとりで歌い続けていくという決意がそうさせたのだ。

そして、このソロ活動にはプロジェクト名が付くことになる。“A to Z”--すべての作業をただひとりで行うという意味を込めた。と同時に、三田村潤という個人名よりも音楽という場所で自由でいられる気がした。

アルバムタイトルは『Addition to Zilch』。何物でもない無(Zilch)の自分から再びスタートする決意にあふれ、あらたな野心に燃えた、瑞々しい一枚だ。