3rd Album

cabaret

cabaret
曲 目
  1. ~パーティの招待状~ [theme of cabaret]
  2. 飛行機雲 [I had looked up the clouds]  試聴
  3. くだらない男とろくでもない女 [a worthless man and a useless woman]
  4. ウインターモーション~君が僕を変える~ [winter motion]
  5. カオリ [KAORI]  試聴
  6. 楽しい夜 [fun night]
  7. レイト・ショー [Late show]  試聴
商品番号JMCR-0007
発売日2006年10月02日
CD価格500円(税込)
販 売 Official Online Shopで購入
配信/サブスクリプション Amazon Music Apple Music YouTube Music Spotify
※ダウンロード販売価格、及びサブスクリプション価格は各社サービスの決定するところでありJOY MUSIC RECORDSの関わるものではありません。
解 説

ときに苦く、ときに切なく、ときに甘い。
浮かんでは消える誰かの物語をグラスに浮かべては飲み干す。
カバレット、それぞれのストーリー

シンガーソングライターにもいろんなタイプがあって等身大の自分の感じたままを歌う人も多いが、こと三田村潤においては、少し違うタイプと言っていいだろう。どちらかというと彼のソングライティングは物語的であり、リスナーは短編小説を読むような感覚で楽曲に対峙する。

いうなれば三田村潤は物語を紡ぐソングライターだ。

そんなストーリーテラーとしての魅力が遺憾なく発揮されたのが今作『cabaret』だ。前作『Boys Be Blue』がロックに対する青臭いまでの衝動を閉じ込めたものであるのに対し、今作は、収録曲「くだらない男とろくでもない女」に代表されるように人間の感情を繊細に描きながら物語の語り部のように歌い上げていく。それはリスナー(観客)にとっては、さながらナイトショーを観ながらグラスを傾ける経験に似ている。

ただし、今作の魅力は物語だけに留まらない。ジャズ風のアレンジに仕上げられた「~パーティの招待状~」、ホーンセクションが軽快なファンクナンバー「ウインターモーション」など前作では見られなかったようなヴァリエーションがあり、飽きさせない一枚になっている。